夜行バスの座席タイプ

夜行バス情報

夜行バスのシートにもいくつか種類がある

もっともスタンダードなのが4列シート

中央にある通路を挟んで、2列ずつ配置されているシートです。観光バスと同じような構造のバスがほとんどで、低価格で乗ることが魅力です。また、中には座席数が少し少なくなっているものもあります。

友達や恋人などと一緒なら安心できる3列シート

3列シートのほとんどは、片側は2列でもう片方は1列構成されています。そのため、一人なら1列シートを予約して、友達と一緒なら2列シートを予約するといいでしょう。そうすることで、知らない人と一緒にいる不安感が薄れます。

プライベートな空間を確保できることがメリット

通路が2つあり、天井からはカーテンが下がっていることが多いのが3列独立型シートの特徴です。カーテンを閉めることで、プライベートを確保できます。

もっともゆったり過ごせる2列シート

中央のあるシートを挟んで横2列に席が並んでいるタイプの座席です。夜行バスの中では社内設備が最も充実しています。また、前後の空間も多くとられているので、リクライニングシートを倒しても圧迫感がありません。

広告募集中